【業務スーパー】漬けて焼くだけ♪『ペストジェノベーゼ』を使ったバジルソースチキンの作り方♪

こんばんは(*’ω’*)

ゆいちゃんのママです!

業スーで購入した「ペストジェノベーゼ」を使って、バジルソースチキンを作りました♪

とっても簡単に、お店で食べるバジルソースチキン作れます!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




ペストジェノベーゼ(バジル)

業スーのジェノベーゼソースは、イタリアから直輸入された本格バジルソースです!

香り豊かなバジルが使われている他、チーズやじゃがいも、にんにくなども含まれており、ピザやパスタに合うように作られています♪

ジェノベーゼはお店の味と思っている方、業スーのペストジェノベーゼは190gで278円とお手頃価格なのでお家でも気軽に楽しめますよ(*’▽’)

瓶の中身は190gと少なめなので簡単に使い切ることが出来ますし、パスタやピザ、ガーリックトーストやポテトと和えたり、意外と簡単なレシピばかりで使い方は無限大です!

バジルソースチキンの作り方

今回はこのペストジェノベーゼを使って、鶏もも肉で「バジルソースチキン」を作りました(*’▽’)

漬けて焼くだけなので誰でもできます!

とっても簡単なのにお店の味になるので、ぜひ作ってみてね★

材料

  • 鶏もも肉…2枚
  • ペストジェノベーゼ…大さじ3杯強
  • 塩…小さじ1
  • にんにく…1かけ
  • オリーブオイル…大さじ2杯

今回は漬け込みをするので、ジップロックなど密封できる袋や容器を準備してね!

作り方

①にんにくを薄くスライスし、鶏もも肉は好きなサイズにカットします。

②ジップロックやポリ袋に鶏もも肉を入れて、塩を加えて揉み込みます。

今回はポリ袋を使用していますが、破れないような物ならなんでもOK!

③ペストジェノベーゼ、オリーブオイル、ニンニクを加えて揉み込みます。

ジェノベーゼは結構多めに入れてください!

鶏もも肉の大きさにもよりますが、大さじ3は入れた方がいい!

ここでレモン汁があれば入れても美味しいです♪

④空気を抜いて口を縛り、冷蔵庫で一晩寝かせます。

このまま冷凍しちゃってもOK♪

今回は次の日焼きたかったので冷蔵庫で一晩寝かせました(*’▽’)

⑤フライパンでカリッとするまで焼いて完成✨

結構油が跳ねるので気を付けてね💦

良い感じに焦げ目がついた方が見た目も美味しい♪

お手軽でも本格的!

完成です!!!

もう少し大きめに切った方が美味しそうに見えるかも(;´∀`)

お弁当に入れたかったので全部小さく切っちゃった💦

めちゃくちゃ良い匂い♡

しっかりバジルソースの味が染みていて美味しいです(*’▽’)✨

大阪にいた時、わざわざお肉屋さんへ買いに行っていたバジルチキンと同じ味です!

こんなに安く、こんなに簡単に作れるなら家で作った方がいい!

今までパスタやピザなどに使ってきたけど、鶏肉が一番美味しく出来たかも!

まとめ

今回は業務スーパーのペストジェノベーゼの紹介でした!

実は過去にもペストジェノベーゼのレシピ紹介しています(*’▽’)

業務スーパーの【ジェノベーゼソース】を使って、『じゃがいもとエビのバジル炒め』作ってみた!

あまりお店ではジェノベーゼ頼まないって方も、この瓶のサイズでこの価格なら気軽に挑戦できると思うので使ってみてね♪

ジェノベーゼはお店の味ではない!もう家でも食べられます(*’▽’)

まあ、お店で食べるのはマジで美味しいけどね(;´∀`)

この商品とは関係ないんだけど、この前スシローで生ハムにクリームチーズとバジルソースがかかってるお寿司があって食べたんだけど、めっちゃ美味しかった✨

やっぱバジルソースって美味しいよね~✨

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)