簡単に出来るアサリの砂抜き&塩抜き方法☆美味しいアサリの選び方まとめ

お役立ち情報
スポンサーリンク

こんばんは(*’ω’*)

ゆいちゃんのママです!

 

今日はアサリについて書きます!

アサリと言えば、大切なのが『砂抜き』ですよね(・∀・)

私は小さい頃からアサリが嫌いで食べることが出来なかったのですが、ジョリってなる砂の食感も嫌いな原因のひとつでした💦

アサリは鮮度が命!生きているうちに食べたいですが砂抜きも含め管理が結構大変ですよね💦

私なりの簡単にできるアサリの処理について紹介していきます(*’▽’)

スポンサーリンク

購入前に必ず確認!食べられるアサリの見分け方!

スーパーでは、生きているアサリがパックで売られていたりしますよね!

私は一度、死んでしまっているアサリが1匹混ざっているパックを購入してしまったことがあります(;´∀`)

死んでしまったアサリは食べる事が出来ませんので、必ず捨ててください!

しかし、パックで売られているアサリが生きているか死んでいるかなんて確認出来ませんよね💦

今回は生きているアサリの見分け方、さらに美味しいアサリの見分け方も調べたので紹介します♪

◎美味しいアサリの見分け方

アサリは鮮度が命です!

パックに入ったアサリは揺らしてみて、水管が元気に動くかチェックしましょう(*’ω’*)

また、泡がたくさん出るアサリは元気な証拠なので覚えておくといいと思います♪

◎食べられないアサリの見分け方

パックのアサリは、まずは見て判断しましょう!

口が開いてしまっている、半開きのアサリは食べる事が出来ません!!

貝殻が割れていたり、ヒビが入っている物も弱っている、死んでしまっていることが多いので避けましょう

 

目で見て大丈夫そうなアサリを購入したら、家でも必ずチェックしてほしいことがあります。

それは、『音』です!

死んでいるアサリは、生きているアサリに比べて軽いです。その為、アサリを4個ほど手の中で転がしたり、アサリ同士をぶつけてみると、死んでいるアサリは他のアサリと比べて明らかに違う音がします。軽い感じの、カラカラする音がすると思います。

 

また、潮干狩りなどで採ってきたアサリだと、中に土だけが詰まった「爆弾」と呼ばれるものも存在します💦こちらもカラカラと軽い音がしますので必ず確認してください!

音の違うアサリは、簡単に口が開くと思います。(開きにくい物もあります)

 

後は匂いです。

腐り始めているアサリは、ものすごい臭いを放ちますので注意してください💦手についたり、冷蔵庫に臭いが広がると大変なことになります( ;∀;)怪しいけどよく分からんアサリは、匂いも確認してください

 

これだけ確認しても分からない奴がいるんですよ。こいつ生きてんのかぁ???ってやつが

私はその場合、とりあえず砂抜きの工程に入ります。

怪しい奴がどのアサリか覚えておいて、砂抜きの時に水管を出しているかチェックします笑

それでも動いている様子が無ければ食べるのはやめておきます(>_<)

意外と簡単☆アサリの砂抜き方法!

それでは生きているアサリだけで、砂抜きやっていきましょう!

 

🌼準備する物

  • 水…200ml
  • 塩…小さじ1
  • アサリを入れるバット(深すぎないお皿などでもOK)
  • アルミホイル

①3%濃度の塩水を作る

3%濃度の塩水?なに??

分からんので、私の様に頭が弱い方は黙って水200mlに塩小さじ1入れて塩水作ってください。

②アサリをバットに重ならない様に並べる

アサリ同士が重なってしまうと、上手く砂抜きが出来ません。

アサリを入れた入れ物に合う大きさのザルのような物があれば、ザルにアサリを並べて、バットにセットしてください。

こうすることで、アサリが吐いた砂がザルの網目を抜けて下に落ちるので、再度砂を吸い込む心配が無くなります(*’▽’)

特に潮干狩りで採ったアサリは砂の量が大量なので、こちらの方法をお勧めします!

③アサリの頭が少し出る量まで塩水を入れる

アサリが隠れてしまうほどヒタヒタに塩水を入れてしまうと、アサリが溺れてしまいます💦

呼吸ができるように頭が少し水面に出るくらいの量にしてください。

④上からアルミホイルを被せて、冷蔵庫で放置

アルミホイルを被せたら、つまようじ等で数か所穴を空けて空気穴を作ります。

アサリは暗い場所が好きなので、冷蔵庫の中で放置します。

(水を吐き出すので、まわりが水浸しになるかもしれません💦下にタオルなど敷くことをオススメします)

 

砂抜きする際の注意点

ここまでが砂抜きの流れですが、何点か注意しなければいけないことがあります。

上手く砂抜き出来ない、アサリが口を開かない。

そういう時はこちらを見直してみてください(*’▽’)

注意①塩の分量に注意!

塩分濃度が濃すぎても、薄すぎてもいけません。海水の塩分濃度(3%)にしないと、アサリは砂を吐いてくれないので注意!

注意②置く場所に注意!

アサリは暗い所が大好き!先ほどは冷蔵庫の中で放置と書きましたが、暗くなることがポイントです!

明るくて騒がしい所では砂抜き出来ませんので注意!

注意③水温に注意!

アサリを冷蔵庫の中で放置と言いましたが、アサリにとって冷蔵庫の温度は実は低すぎるんです(;´∀`)

水温は50℃程度が丁度いい!

涼しい季節だったら、常温で砂抜きできますよ!

冷蔵庫に入れるとアサリは動きが鈍くなってしますので、急いで砂抜きしたい方は常温をオススメします!

注意④砂抜き時間に注意!

スーパーで購入したアサリは、既に砂抜き済みの物も多いです。しかし、確実に砂抜きをするために、再度行うことをオススメします。

最低3~4時間は砂抜きした方が良いですが、確実に砂を抜くなら6時間は行ってください!私的には潮干狩りのアサリだったら一晩は砂抜きした方がいいんじゃないかなあと思います

アサリを使う時間を逆算して、砂抜きは行いましょう(*’▽’)

潮干狩りのアサリは、砂抜き+塩抜きも必要!

潮干狩りで採ってきたアサリは海水を含んでいるため、そのまま料理に使うと塩辛いです💦

そのため、『塩抜き』が必要になります(*’▽’)

 

砂抜き後のアサリを塩水から取り出しザルなどに入れ、常温でそのまま1時間ほど放置しましょう(*’▽’)

これでアサリの塩抜きが出来ます♪

砂抜き&塩抜きをしっかりして、美味しくいただきましょう!

調理する前に、貝同士をこすり合わせるようにしてしっかり洗ってくださいね♪

生きているアサリは扱いが結構難しいし、この子死んじゃってるんじゃ!?とか気にしだしたらずっと気にしちゃうし、食べるのも恐る恐るになっちゃって、ほんと、今までアサリを食べてこなかったから特にアサリの扱いにくさを実感しております。

生きているアサリを調理するのって、結構心が痛みます。

いつも食べているお肉や魚も、こうやって命を頂いているのに、生きていないからあまり実感が無いですよね(>_<)

生き物に感謝して、食べ物は大切にしなくちゃいけませんね。

 

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました