見た目も可愛い♡「そのまんまエビ餃子」の作り方🦐

こんばんは(*’ω’*)

ゆいちゃんのママです♪

今日は「そのまんまエビ餃子」のレシピをご紹介します🦐

そのまんまエビ餃子はエビの入った餃子なのですが、ミンチ状にしたエビを入れるのではなく、まるごとそのままの形でエビを餃子の皮で包みます!

尻尾が餃子からちょこんと出ていて、シュールで可愛いですよ(*’▽’)

スポンサーリンク
レクタングル(大)




そのまんまエビ餃子の作り方

◎材料

  • 尻尾付きの海老…12尾
  • 豚ひき肉…100g
  • 長ネギ…1/2本
  • 大葉…6枚
  • 餃子の皮
  • ごま油…大さじ2

◎海老の下味用調味料

  • 醤油…小さじ1
  • 酒…小さじ1

◎海老の下処理が必要な場合

  • 酒…大さじ1
  • 片栗粉…大さじ2

◎ひき肉用調味料

  • 塩コショウ…少々
  • オイスターソース…小さじ1
  • 醤油…少し

今回はコストコの冷凍生エビを使用しました(*’▽’)

▼昨日ブログで紹介したやつです!

【コストコ】下処理不要!解凍後すぐに使える冷凍エビが優秀すぎる!

コストコの冷凍エビを使用する場合はエビの下処理は不要なので、解凍して水気を切るまででOKです!

市販のエビを使用する場合は、尻尾を残して殻を剥いてから背ワタを取って、酒と片栗粉で揉み洗いを行ってくださいね(*’▽’)

手順

①エビの水気を切り、下味の調味料を入れて10分程おきます。

②長ネギをみじん切りにしておきます。

③ひき肉と長ネギ、ひき肉用調味料をボウルに入れてよく混ぜ合わせます。

④餃子の皮に、半分に切った大葉→ひき肉→エビの順番で乗せます。

エビはキッチンペーパーなどで調味料の水気を切っておいてね!

⑤皮の周りに水を付け、好きな形で餃子の皮を閉じます。

私は何時も通りのノーマルな包み方にしました(´▽`)

コストコのエビが予想以上に大きすぎて、包むのかなり難しかったです…

エビの大きさを見て、皮の大きさも変えた方がいいかも。

⑥フライパンにごま油を入れて、餃子を並べて焼きます。

フライパンを加熱してから置いても良いけど、私はいつも慌てるので置いてから火にかけます(;´∀`)

⑦軽く焼いたら途中で水を入れ、蓋をして蒸し焼きにします。

普通の餃子も入ってますが(;´∀`)

水の量はフライパンの1/3くらいの量を入れてください!多めでも大丈夫♪

熱湯でもいいよ!

⑧餃子の皮に艶が出て、中がフツフツしていたらOK!蓋を開けて水分を飛ばします。

⑨焼き色が付いたら完成です✨

かなり美味しいです!

みためも可愛いですが、お味もかなり美味しいです!!

普通の餃子と違って、ニンニクやニラを使っていないのでとってもサッパリ♪

蓋を開けた瞬間の香りが最高なんです✨

断面図です(*’▽’)

大葉が良い仕事しています♪

皮から大葉の綺麗な緑色が透けて見えるので、見た目も綺麗です✨

お肉は豚ミンチを使用しましたが肉肉しくなくて美味しいです!

これは鶏ミンチでもヘルシーに美味しく作れると思います♪

まとめ

とっても美味しいのでぜひ作ってみてください♪

エビを丸ごと入れると、しっかりとエビの味と食感を楽しむことが出来ます(*’▽’)

皮が小さいと包むのが結構難しいので、エビのお腹に切り込みを入れて、エビを真っすぐにしてあげた方が包みやすいかもしれません。

しかし焼いてしまうと下手くそでも全然分からないのでテキトーで大丈夫!!

不思議と破れても問題なく、餃子同士がくっ付きあって大変って事にはなりませんでした。

普通に作ると隣同士くっ付いて破れちゃうんだけどなー?なぜだろう?

ニンニクなど使っていないのでお弁当にも入れられるよ♪

ぜひ試してみてねー!

PVアクセスランキング にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク
レクタングル(大)




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)